幽霊話

I read a ghost story.  The story is from the bilingual reader that I am making my way through.

You can find a version of the story (along with many others) at Hakumusume Fairy Tale Collection.  There, you can read and listen to stories in English or in Japanese (all hiragana, apparently).  And there are pictures.

Here, without the pictures, is the story I read:

むかしむかし、ある むら に、いっけん の アメや が ありました。

ある とし の なつ の こと、よる も おそくなった ので、アメやさん が そろそろ みせ を しめようかと おもっていると、

トントントントン

と、と を たたく おと が しました。

「はて、こんな おそく に だれ だろう?」 と、アメやさん が と を あけて みますと、ひとり の おんなのひと が たっていました。

「あの、アメ を くださいな」

「あっ、はい。しょうしょう おまち を」

アメやさん は おんなのひと が もってきた うつわ に、つぼ から みずアメ を すくって いれました。

「へい。いちもん(→30えんほど)いただきます」

「ありがとう」

おんなのひと は おかね を はらう と、きえる ように いって しまいました。

その つぎ の ひ。

きょう も アメやさん が とじまり を しようと おもっている と、また と を たたく おと が します。

「あの、アメ を くださいな」

やはり、あの おんなのひと でした。

おんなのひと は きのう と おなじ ように アメ を かう と、スーッ と、どこか へ かえっていきます。

それから まいばん、おんなのひと はよふけ に なると アメ を かい に きました。

つぎのひ も、その つぎのひ も、きまって よふけ に あらわれて は アメ を かって いくのです。

さて、ある あめ の よる。

このひ は となりむら の アメやさん が たずねて きて、いろいろ と はなしこんで いたのですが、

「あの、アメ を くださいな」

と、いつも の よう に あらわれた おんなのひと を みて、となりむら の アメやさん は ガタガタ ふるえだしたのです。

「あ、あ、あの おんな は、ひとつき ほど まえ に しんだ、まつきち の かかあ に ちげえねえ」

「えっ!」

ふたり は、かお を みあわせました。

しんだ はず の おんなのひと が、よなよな アメ を かい に くる はず は ありません。

しかし となりむら の アメや は、まちがいない と いいます。

そこで ふたり は、おんな の あと を つけてみる こと に しました。

アメ を かった おんなのひと は はやし を ぬけ、となりむら へと あるいていきます。

その ばしょは、

「はっ、はか だ!」

おんなのひと は はかば の なか に はいって いく と、スーッ と むけり の ように きえて しまったのです。

「お、おばけだー!」

ふたり は おてら に かけこむ と、おしょうさん に これまで の こと を はなしました。

しかし おしょうさん は、

「そんな ばかな こと が あるものか。きっと、なにか の みまちがい じゃろう」

と、いいました が、ふたり が あまりにも しんけん なので、しかたなく ふたり と いっしょ に はかば へ いってみること に しました。

すると、オンギャー、オンギャー

と、 かすか に あかんぼう の なきごえ が きこえてきます。

こえ の する ほう へ いってみると、

「あっ、にんげん の あかんぼう じゃないか! どうして こんなところに?!」

おしょうさん が ちょうちん の あかり を てらしてみると、そばに てがみ が そえられています。

それに よると、あかんぼう は すてご でした。

「てがみ に よると、すてられた のは すうじつまえ。それから なんにち も たつ のに、どうして いきられたんじゃ?」

ふと みると、あの おんなのひと が まいばん アメ を かっていった うつわ が、あかんぼう の よこ に ころがって いたのです。

そして、あかんぼう が すてられた そば の はか を みると。

「おお、これ は このまえ に しんだ、まつきち の にょうぼう の はか じゃ!」

なんと ゆうれい が、にんげん の こども を そだてて いたのです。

「なるほど、それ で アメ を かい に きたんだな。それ も じぶん の むら では かお を しられているので、わざわざ となりむら まで」

きっと じぶん の はか の そば に すてられた あかんぼう を、みるにみかねた に ちがいありません。

おしょうさん は こころ を うたれて、まつきち の にょうぼう の はか に て を あわせました。

「やさしい ほとけさま じゃ。この こ は わし が そだてる に、あんしんして くだされよ」

こうして おはか に すてられた あかんぼう は、おしょうさん に ひきとられました。

それから あの おんなのひと が アメやさん に あらわれる こと は、もう にど と なかったそうです。
As I said, this version is a little different from the one in the book I am reading, even without considering the fact that the book uses Kanji.

If you want to see the pictures or listen to the story, check out the site.  It looks pretty useful for reading practice.

頑張って

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s